ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 第84回都市対抗野球大会東京都一次予選 準々決勝

試合結果results

第84回都市対抗野球大会東京都一次予選 準々決勝 対全府中野球倶楽部

1回表:GGの攻撃。2番三井が放った平凡なファーストゴロを相手守備陣が後逸し出塁。続く3番新井がインコースのストレートを巧くセンターへ運びランナー1.2塁。さらに5番白鳥が四球で満塁の場面。7番浅野のショートゴロ内野安打の間にランナーが還り1点先制。(G1-F0)

1回裏:GGの先発の種市は先頭打者に投じた高めのストレートをライトスタンドに運ばれます。エラーで2番に出塁を許し、迎えた4番の打席でもインコースのストレートを
ライトスタンドに運ばれ初回に計3点を献上します。(G1-F3)

3回裏:3番に三遊間ヒット、4番に四球を与え、5番打者が放ったショートへの打球はタイムリーエラーとなり追加点を許します。(G1-F4)
なおも満塁で、ピッチャー相原に交代。8番打者をアウトコースのスライダーで三振にとり、ピンチをしのぎます。

5回表:GGの攻撃。1アウトから相手投手の制球が乱れ、村瀬、仁田に連続四球、三井を死球で1アウト満塁のチャンス。クリーンナップを迎えるも最大の好機を生かせず、この回も無得点に終わります。

6回表:GGの攻撃。1アウトから浅野が四球、続く大畑がライト前に落とし、ランナー1、2塁のチャンスも後続が続かず、この回も無得点に終わります。

7回表:GGの攻撃。先頭の村瀬がセンター前ヒットで出塁すると、仁田は1塁前へのバントで気迫のヘッドスライディングでセーフ。ランナー1、2塁。続く三井のピッチャー前へのバントを相手投手が3塁へ送球し、3塁の村瀬がアウトでなおも1アウトランナー1、2塁。3番新井の打球はライトフライ。セカンドランナーの仁田がタッチアップし2アウトランナー1、3塁も後続が続かず、好機を逃します。

7回裏:相原がヒットを打たれでランナー1、2塁としたところでGGはピッチャー保條に交代。保條は8番打者をセカンドゴロに打ち取りピンチを切り抜けます。

8回裏:先頭打者を四球でだすも、続く1番のキャッチャー前バントをこの日スタメンでマスクを被った村瀬がセカンドへ好送球し、ランナーを進塁させず好守で支えます。しかし、2番に死球、
3番にセンター前で、ランナー満塁。4番にはセンター前ヒットを許し追加点。(G1-F5)5番打者が放ったサードへのゴロは、無情にも大きくバウンドしサードの頭を超えるレフト前ヒットとなり、3塁ランナーが還り、さらに2塁ランナーもホームを狙うもレフト米倉の好返球で憤死。(G1-F6)
ここでピッチャー米持に交代。6番を三振に切り、最終回の反撃に期待がかかります。

9回表:GGの攻撃。先頭の出井が四球を選び、代走に末政。村瀬はインコースを巧くセンター前に運び、ランナー1、2塁。続く仁田の打席、2球目でキャッチャーのパスボールによりランナー2、3塁。ここで仁田はインコースのストレートをたたき、1、2塁間を破るヒットでランナーが還る。(G3-F6)
しかし、後続が続かず、最後に粘るものの惜しくも準決勝で敗退となりました。応援頂きました皆様誠にありがとうございました。


鈴木は内角のストレートを巧くたたき、左中間最深部に飛び込む先頭打者本塁打。5回にも右中間2塁打を放つ。

2番 三井も鈴木に続き、レフト線へ技ありのヒットを放つ。この日2安打。

4番 米倉は1、2塁間を破る強烈な当たりのヒットを放つ。

2回表 先頭の新人 大畑がライト前で出塁

8番 新井 ライト前に強烈なヒット

5回裏 米倉 センターへの当たりを相手ショートがハンブルし、得点


7番 岡芹がセンターへクリーンヒット

8番 新井も岡芹に続き、左中間へ2塁打を放つ

9番 仁田 ランナー2、3塁の好機にレフト前に2点タイムリー

先発の斎藤は本調子でないながらも試合を作った。

公式戦、久々の登板となった保條。速球とキレのある変化球で中盤を締めた。

3番手として登板した新人の本田

8回 1、3塁の場面で登板した吉田

9回から登板し 3者凡退にしとめた新人の米持

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.