ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 2013年度 東京都クラブ秋季大会 2回戦

試合結果results

2013年度 東京都クラブ秋季大会 2回戦 対 警視庁ベースボールクラブ

初回、ゴールドジムの攻撃
先頭の鈴木が死球で出塁すると、2番の大畑はピッチャー前にバントを決め、ランナーを2塁において3番の新井は詰まりながらもレフト前に運び1.3塁と得点圏にランナーを進めます。
ここで4番の米倉は変化球に逆らわず、ライト前にタイムリーを放ち1点を先制します。(G1-0K)
 GGの先発種市は2回に長打などで1点を奪われ同点とされます。(G1-1K)
しかしGGはすぐに反撃にでます。
3回には先頭の鈴木がレフト前で出塁すると、大畑は一塁線を破る2塁打で1点を追加。さらに4番米倉は変化球に巧く対応し、レフトへ特大の2ランホームランを放ち4対1とリードします。(G4-1K)
 種市は4回にも長打を絡め1点、5回ランナーを2人だしたところで、ピッチャーは相原に交代。その相原も初球、甘く入った変化球を狙われレフトオーバーのタイムリー2ベースを打たれついに同点とされます。(G4-4K)
嫌な流れはなおも続き、次打者の平凡なゴロをショートの大畑がトンネル。なおもピンチが続くも、センター鈴木のファインプレーで特典を与えません。
すると6回 GGの攻撃、先頭の三井、村瀬の連打に続き、仁田のセカンドフライを相手守備陣が落球し、三井が帰還。(G5-4K)
なおも、ランナー1、2塁で大畑の打席。変化球をライト前にはじきかえし、1点追加。(G6-4K)
さらに、川村が放った3塁への打球処理を相手守備陣が誤りその間に大畑が還る。(G7-4K)
8回途中からは米持、9回は斎藤が登板し0点に抑え7対4で勝利しました。
今回の試合は、ファーストで公式戦初出場となった西郷、さらには末政もヒットを放ち、若手の今後に期待が持てる試合内容でした。
監督のコメント「接戦となり、緊張感のある良い試合内容。次につながる試合展開となった」


3回 この回先頭の鈴木がレフト前で出塁

3回 大畑の1塁線を破るタイムリー2塁打で1点を追加

3回 米倉は変化球に巧く対応し、レフトへ特大の2ランホームラン

中盤、米倉の本塁打がチームに勢いを与えた

3回 この日スタメンの西郷はアウトコースをセンター前にクリーンヒット

6回 センター前ヒットを放つ三井

6回 村瀬は得点につながるヒットを放ち、打撃でも活躍

6回 大畑のライト前で村瀬が一気にホームをつく好走塁

3回、6回とこの日2安打の大畑

8回 レフト前ヒットで期待に応える末政

先発の種市は4安打、3四球と苦しいながらも試合を作った

5回途中から8回途中まで救援した相原。

8回 途中から登板した米持。0点に抑える

最終回は斎藤が0点で締めた

4回 一打逆転の窮地を救ったのは鈴木のファインプレー

怪我の捕手 岡芹に代わり捕手で出場の村瀬は、その強肩で一刺殺

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.