ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 第85回 都市対抗野球大会 東京都一次予選 1回戦 対 警視庁野球部

試合結果results

第85回 都市対抗野球大会 東京都一次予選 1回戦 対 警視庁野球部

今季公式戦初戦
先発斎藤 2安打 毎回の8奪三振の好投

均衡を最初に破ったのはゴールドジム。(以下GG)
3回、三井が死球、1アウト後仁田も四球で1、2塁。1番川島は1、2塁間を破るヒットで満塁。
続く末政は四球を選び押し出しで先制点を奪います。すると3番の大畑は変化球を巧くとらえ、センター前にタイムリーヒットを放ち、2点を先制します。
なおも続く塩田のレフトへの浅いフライで三塁ランナー川島はタッチアップでホームを狙うも相手の好返球に阻まれます。(G2-0K)
しかし、3回以降は7回、俵のセンター前、8回川島のセンター前の二本。結局、この日のヒット数は終わってみれば4安打のみ。
1回裏、1アウトから四球ででたランナーを一塁ゴロのダブルプレー。5回裏、四球の村瀬に続く仁田は三塁ゴロでダブルプレー。8回裏にもヒットで出塁の川島に続き、末政はバントを試しみるも浅いキャッチャーフライとなり、飛び出した一塁ランナーは帰塁できずダブルプレーと計3度のダブルプレーで好機を逸し、課題の残る試合内容となった。
この日は斎藤の投球が冴えた。威力が増したストレートに加え、緩急をつけたピッチングに的を絞らせず計6回を1四球、2安打、8奪三振と公式戦初戦の先発という重役を果たしました。
7回からは嶋田が登板。8回に5番、6番に連続ヒットを許しランナー2、3塁とピンチを迎えますが後続を打ち取りピンチのしのぎます。9回はヒットやエラーを絡め2アウトランナー2、3塁のピンチ。ここでピッチャーは米持に交代。コーナーを際どく攻め、5番に四球を与え満塁とするものの、最後のバッターを三塁ゴロにしとめゲームセットとなりました。
監督より試合後に選手へは「自分を客観視することで、自分自身をしっかり見つめて欲しい。何よ
り心構えが結果につながるということを、各自意識し次の試合に備えて欲しい」とコメントがありました。
当日は、朝早くから球場にお越し頂きました皆様 誠にありがとうございました。



先発の斎藤は威力のあるストレートに緩急を交え、相手に的を絞らせなかった。

7回から登板の嶋田。味方のエラーもありピンチを迎えるも、0点に抑える。

米持は九回二アウトから登板。一四球を与えるものの最終打者を三塁ゴロに打ち取る。

村瀬は捕殺1と軽快なフットワークとその強肩で進塁を許さない。

三回ライトへタイムリーヒットを放った大畑。

三回三井は死球で出塁

1番の川島は3回にライト前

6番の俵は、7回低めの球をセンター前へ痛烈にはじき返した。

8回 センター前ヒットを放つ川島

末政はこの日2つのダブルプレーと本来のバッティングが見られず。

仁田はどのような打球に対しても、身体でブロックし堅守。

川島は塩田の浅いレフトフライで果敢にタッチアップでホームを狙うも、相手の好返球に阻まれアウト。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.