ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 第85回 都市対抗野球大会 東京都一次予選 2回戦 対 エスプライド鉄腕硬式野球部

試合結果results

第85回 都市対抗野球大会 東京都一次予選 2回戦 対 エスプライド鉄腕硬式野球部

1回
立ち上がり、先発の米持は三.四番に連続ヒットを打たれ、ランナー一、二塁のピンチも三振で切り抜けます。
すると、その裏。ゴールドジム(以下GG)は3番大畑がセンターの頭上を超える二塁打も得点にはいたらず。
2回
米持は四球と連打により満塁のピンチを迎えるも、ここもレフトフライにきってとる。
3回以降は変化球でカウントをとり、ピッチングを優位に進め、投球にもリズムがでてきます。
GGは川島のレフト前、4回にも三井が、ライト線へ二塁打を放つものの得点にいたらず膠着状態が続きます。
均衡を破ったのはゴールドジム
5回
この回先頭の9番仁田は、甘く入ったストレートを右中間へ二塁打を放ち出塁。
川島の一塁ゴロの間に仁田は三塁へ。続く二番末政は四球を選び 一、三塁のチャンスを作ります。
三番大畑の打球は二塁ゴロ。ここで三塁ランナーの仁田は果敢にホーム滑り込み、タッチをうまくかわしホームインで先制。(G1-0T)
四番の塩田も続き、カウント2-2からアウトコースのスライダーをレフト前に運ぶと、二塁ランナーの末政は俊足を生かし一気にホームへ帰還。(G2-0T)
その後、川村は四球を選び、なおも一アウト満塁も、続く俵はファーストライナー。そのまま一塁手がファーストベースを踏みゲッツー。しかし待望の先制点をあげます。
6回
ここまで好投した米持は1アウトから四球を与えたところで、種市に交代。
その種市は四球と自らの暴投でランナー2、3塁のピンチを招くもレフトフライに打ち取り、ピンチを切り抜けます。
7回
GGは、1アウトから大畑が甘く入った高めのストレートをこの日二本目となる二塁打をセンター右に放つも後続が続かず。無得点。
8回にも代打西郷がインコースのストレートをライトフェンスへワンバウンドで直撃する二塁打を放つも得点に至らず。
9回は、種市が3人で締め、二次予選進出決定戦へと駒を進めました。
前回に続き、この試合も投手陣の好投が勝利につながりました。公式戦初の先発となる米持は、ヒットを許すものの気持ちの入った投球で6回をヒット6本、5三振と好投し、強豪を相手に0点に抑え、その役目を果たしました。また、バトンをうけた種市も、スピードのあるストレートに、変化球も冴え、ヒット2本、三振1と好投し、試合を締めました。
応援にお越しいただきました皆様ありがとうございました。



先発の米持は強力打線に対し、6回3分の1を無失点に抑え役目を果たした。

伸びのある速球、変化球をコーナーに投げ分ける米持

種市は大学の後輩米持の後を受け、気持ちの入った投球を魅せた

この日は先発からリリーフにまわった種市

村瀬の好リードが2投手を支えた。

この日も村瀬は1捕殺で進塁を許さない


守備陣も身を呈して守り抜いた

初回、大畑はセンターオーバーの二塁打を放つ

2回にライト前、4回にもライトへ二塁打を放ち、この日2安打の三井

2回ライト前ヒットを放つ俵

5回 仁田のセンターへの二塁打が得点への口火となった

大畑の一塁ゴロで三塁から好スタートをきり、先制のホームを踏んだ仁田

3回 レフト前ヒットの川島

4番塩田はランナーを2塁におき、技ありのレフト前タイムリー

塩田のタイムリーで、2塁から一気にホームをつく好走塁をみせた末政

大畑は7回にもこの日2本目となる二塁打を右中間へ放った

8回代打の西郷はライトへ二塁打を放つ

四球を選んだ川村

途中からレフトの守備に付いた田中

途中から一塁に入った河西

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.