ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 2014年度 東京都クラブ春季大会 一回戦 対 東京弥生クラブ

試合結果results

2014年度 東京都クラブ春季大会 一回戦 対 東京弥生クラブ

ゴールドジム(以下GG)の先発は公式戦初先発となる植木。
一回
立ち上がり、二アウトから三番、四番に続けて二塁打を許し、一点を先制されます。
三回
植木は連続ヒットでさらに一点を失ったところで、吉田へバトンタッチ。その吉田も二塁打や犠飛などでこの回、計四点を奪われます。
一方のゴールドジム打線は二回まで、ヒットがでるものの得点に結びつきません。
三回
三井から始まる打線は、連続四死球による押し出で一点を返すと、ここから猛攻にでます。
ノーアウト満塁で五番の川村が、甘く入った変化球をセンターバックスクリーン左に飛び込む特大の満塁ホームラン。
すると途中出場の大畑がライトフェンス直撃の走者一掃となる二塁打 、同じく途中出場の末政は右中間を破る三塁打など敵失も絡め、この回一挙12得点と大量得点で一挙リードします。(G12-Y5)
四回
二塁打で出塁した田中を欠端が三遊間を破るタイムリーで一点追加、さらに仁田、大畑、塩田が続き四点を奪います。(G16-Y5)
吉田は四回も無難に抑え、五回先頭打者をショートエラーで出塁させたところで齋藤圭祐に交代。
齋藤はヒットを一本許すものの0点に抑え、五回コールドゲームで勝利。
二回戦に駒を進めました。



一回三番の鈴木はヒットで出塁

二回、川村はレフトへ二塁打、三回にはセンターへ満塁本塁打の活躍

三回欠端はセンター前にヒット、四回にもレフト前へタイムリー

三回、大畑はライトフェンス直撃 走者一掃の二塁打

三回、末政は右中間を破る三塁打

四回、田中はレフトへ二塁打を放つ


四回 レフト戦へ二塁打の仁田

四回塩田は右中間へ二塁打

先発の植木。次回の投球に期待したい

この日一試合を通してマスクを被った河西

二番手の吉田はらんなーを出しながらも無失点に抑えた

最終回は齋藤圭祐が締めた

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.