ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 2014年度 東京都クラブ春季大会 二回戦 対 エスプライド鉄腕硬式野球部

試合結果results

2014年度 東京都クラブ春季大会 二回戦 対 エスプライド鉄腕硬式野球部

先行は鉄腕野球部
ゴールドジム(GG)先発の齋藤は角度のあるストレートと変化球のコンビネーションで緩急を交え、的を絞らせません。
初回を0点に抑えると、二回は自らの四球などで、ツーアウト一、二塁のピンチを迎えるも、アウトコースに威力のあるストレートを投じ三振に切ってとります。結局、ランナーをだすものの、五回と三分の二を一安打無失点に抑える好投を見せました。すると投手陣の好投に打撃陣が応えました。
三回、一番の川島が左中間へ三塁打を放つと、大畑はセカンド強襲のヒットを放ち川島は先制のホームを踏みます。(G1-0T)
四回には、川村、三井のヒット、村瀬が四球を選び二アウト満塁から、川島がレフト前に運び、一点。さらにレフトが処理を誤る間に、もう二人還り二点を追加。(G4-0T)
末政のレフト前でランナーが二人還り(G6-0T)、大畑もヒットで続きなおもランナー一、三塁のチャンス。ここで塩田がセンター前にタイムリーで一点。センターが後逸する間にもう一人還りこの回計六点を奪います。(G7-0T)
六回、二アウトから齋藤康毅の後を受けた種市は、打者四人に対し2三振と盤石の投手リレーで大会規定により7回コールドゲームで二回戦を突破しました。
今回は投手陣の好投に加え、打撃陣も状況に応じた打撃で加点し、次の塁を狙う選手達の視線の先には勝利への強い想いが感じられ、投打が噛み合い準決勝へと駒を進めました。



先発の齋藤は被安打1、4三振の素晴らしい好投


この日リリーフの種市は、威力のあるボールで隙を与えなかった

守備陣も投手陣の好投に応え、攻守を魅せた

三回川島が左中間へ三塁打。四回にもレフトへタイムリーを放つ活躍

大畑のセカンド強襲のタイムリーヒットで先制点


四回レフト前ヒットの川村

四回レフト前にヒットを放ち好機を作った三井

四回末政はレフトへ二点タイムリーヒット

四回 塩田もセンター前にタイムリーヒット

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.