ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 2014年度 全日本クラブ野球選手権大会 東京予選 決勝戦

試合結果results

2014年度 全日本クラブ野球選手権大会 東京予選 決勝戦



土壇場でまさかの逆転負けを喫す!!

ゴールドジムは初回、一番で出場の鹿子島がレフト前へクリーンヒットで、守備の不意をつき一気に二塁を陥れます。三塁へ進塁後、大畑の犠牲フライで先制します。(G1-0M)二回、田中の強烈なレフト前と盗塁、西郷のライト前で一点を追加。(G2-0M)三回には、死球の三井を大畑が犠牲フライで還し一点。(G3-0M)
四回にも田中のレフト前、西郷の右中間二塁打で一点。(G4-0M)。さらに村瀬のセンター前で一点を追加(G5-0M)
しかし、この後は良い当たりが正面をつき、ヒットはでるものの、得点に結びつかず、さらに相手の好守にも得点を阻まれます。
先発の齋藤康毅は、二回守備陣の乱れから出塁したランナーを、牽制刺でしとめピンチを自らしのぎます。
三回、四回もランナーをだすものの要所を締め、相手に点を与えません。しかし、五回に二塁打、ヒットで一点を許すと、六回にも三塁打、続く打者のショートゴロの間に一点を許します。それでも、マウンドを嶋田に譲るまで先発としての役割を果たしました。二アウトランナー一塁の場面で登板した嶋田は、四番にレフトへタイムリー二塁打を許し一点。八回には内野安打で出塁を許すと、三塁への強襲ヒットで一点、さらに連続四球で降板となります。代わった種市は満塁のピンチを犠飛の一点に抑えるも、十回タイブレークでまさかのヒットを許し、万事休す。南関東大会への切符を手に入れたものの、勝利まで手の届く位置に居ただけに選手達には非常に悔やまれる試合となりました。


初回鹿子島はレフト前で相手の守備の隙をつき一気に二塁を陥れる

田中は左前に強烈なヒット。二安打

西郷がライト前タイムリーで続く

大畑は一回と三回に犠牲フライで二打点。五回にもヒットを放つ

西郷は四回にも右中間にタイムリー二塁打

村瀬もセンターへタイムリーヒット。この日2安打

塩田はセンターへ二塁打

九回末政はショートの頭上を越えるライナーで二塁打

先発の齋藤は5回と三分の二を5安打二失点のピッチング

二番手の嶋田。制球が乱れ二失点

種市は満塁の場面で登板。三振にきるも、タイブレークで決勝点を与える

本大会、惜しくも準優勝となるが、この無念を次の機会で果たしたい

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.