ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 2014年度 全日本クラブ野球選手権大会 東京予選 準決勝

試合結果results

2014年度 全日本クラブ野球選手権大会 東京予選 準決勝



ゴールドジム(以下GG)は初回、川島、末政の連打と川島の好走塁もあり一気に1,3塁とチャンスを作ります。すると、三番大畑の一塁ゴロのゲッツー崩れの間に、川島がホームを踏み一点を先制します。(G1-0N)
三回にも大畑がヒット、盗塁から相手のミスも有り、塩田の犠牲フライで一点を追加。(G2-0N)
四回、俵のヒット、三井のバントヒットで連続出塁すると、村瀬も三塁へバント。これが相手の送球ミスを誘い、一点。仁田の一塁へバントも相手の送球ミスを誘い一点とこの回二点を追加します。(G4-0N)
投げては先発米持が、初回に三連打から先制を許すものの、二回以降を締め七回途中で降板するまで五安打を許しながらも、十のゴロで自責点二に抑える好投。以降は、嶋田、九回には種市が締め、決勝戦へと駒を進めました。
また、この時点で三年振りとなる南関東大会への出場権を手にしました。


初回先頭打者の川島が巧く左前に運ぶ

末政も右前安打で続く

得点には絡まなかったものの川村は初回に左前安打

三回大畑は右前安打で出塁

四回俵はタイミングをはずされながらもしぶとく中前安打。五回にも中前で二安打

三井はバントで相手守備陣をかき乱し、得点に結びつけた

三井は五回にも中前安打で出塁

七回代打で出場の田中は高めの球を強打。中前クリーンヒット

八回川島はインコースを技ありの中前安打

先発の米持はゴロの山を築き、的を絞らせなかった。

2番手の嶋田

種市は最終回を零封

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.