ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 第85回 都市対抗野球大会 東京都ニ次予選 第ニ代表 ニ回戦

試合結果results

第85回 都市対抗野球大会 東京都ニ次予選 第ニ代表 ニ回戦



ヒット数はセガサミー打線を上回る10本を放ち、終盤粘るも力尽きる

ゴールドジム先発の植木は制球が定まらず、米持に早々に交代。好投を続けていた米持は4回にヒット、エラーで出塁を許すと、スクイズ、適時打で2点を先制され6回にも1点を失う我慢の投球。

すると投手陣の踏ん張りに打撃陣が奮起します。
7回三井のヒットからはじまり、村瀬、川島のタイムリーで2点を返します。しかしその裏、7回から登板した嶋田は、連続ヒットとエラーですぐに2点を失います。

粘りを見せるゴールドジムは9回、村瀬がセンターの頭上を越える二塁打、川島の適時二塁打で1点を返すものの、後続が倒れ敗退。ヒット数では10本とセガサミーを上回まわり、主導権を握りかけただけに、中盤 守備からのミスによる失点が響きました。



この日先発のはサイドハンドの植木。慎重になり過ぎたか制球が定まらない

植木の後を受けた米持。急な登板にも関わらず5回と3分の2を5安打、自責点2と好投

3番手で登板の嶋田。連日の登板

キャッチャーの村瀬はこの日も1捕殺。

チームの初ヒットはこの日5番に入った田中。

川島は右へ左へと5打数4安打の活躍。最終回にはライトへツーベースを放つ

末政は3回に左前安打

5回中前安打を放つ三井。七回にも右前安打。この日2安打と振れていた。

村瀬は捕手としてのリードとフットワークもさることながら、打者としても2安打の活躍

好走塁を見せ、三塁を陥れる俵

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.