ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 第85回 都市対抗野球大会 東京都ニ次予選 第四代表 一回戦

試合結果results

第85回 都市対抗野球大会 東京都ニ次予選 第四代表 一回戦



第4代表をかけた一戦
大敗にて都市対抗二次予選 幕を閉じる


先攻のゴールドジム(GG)は、先頭の川島が三遊間への安打で出塁すると、末政が送り、早くも得点圏にランナーを進めます。しかし、後続が倒れ得点ならず。中3日での登板となる先発の齋藤康は、初回四球などで1、3塁のピンチを招くも、ここは135`中盤の力のあるストレートで切り抜けます。しかし、3回、相手打線にセフティーバントから、四球や二塁打さらにスクイズなどで攻めたてられ3点を失います。四回にも四球でだしたランナーをタイムリーでかえされ、1点を失い、GGが追う展開となります。
1点を返したいGGは2回に川村の中前安打、6回にも川島の内野安打を放つも、打線がつながらず沈黙。

5回以降は齋藤康から交代した種市、嶋田も明治安田打線にランナーをためてからタイムリーを許し、連戦による疲れも見られ、残念ながら七回コールドゲームにて敗退となりました。
本試合で都市対抗予選は終了となります。

今大会期間中、応援にお越し頂きました皆様、本当にありがとうございました。




先発の齋藤。一次予選から続く連戦の中、辛抱強く投げ続けた。

齋藤からバトンを受けた種市も、万全でないながらも我慢の投球

3番手の嶋田、今大会はフル回転。今後に期待される。

初回川島の左前安打はGGに流れを引き寄せるかと期待された

2回川村は中前へクリーンヒット

足攻をしかける明治安田打線に対し、齋藤も牽制

6回にも川島はその俊足を生かし内野安打で出塁。一人2安打と気を吐いた

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.