ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > プロ・アマ交流戦 対 読売ジャイアンツ 2軍

試合結果results

プロ・アマ交流戦  対 読売ジャイアンツ 2軍


当日は、天気にも恵まれ好走守ともに非常に見応えのある試合内容となりました。
初回、先頭の川島が足を生かし内野安打で出塁すると、3番の大畑は甘く入った高めのボール強振、前進守備のセンター頭上を破る三塁打で1点を先制。
さらに、相手のボークもあり計2点を先制します。
投手陣は先発の嶋田が味方の好守にも助けられ緩急を交えテンポの良い投球で6回を自責点1の2失点。
継投した佐藤、米持も好投し相手の攻撃をしのぎました。
さらにセンター末政の好守、ライト田中が強肩で三塁を捕殺、最終回には得点圏にランナーをおき大畑が三遊間の強い当たりをダイビングキャッチと守備でも再三の好プレーが見られました。
打撃陣はヒットがでるものの、打線がつながらず、結局2対2の同点で試合終了となりました。
当日、球場にお越しいただいた皆様、またこのような機会を設けて頂きました関係者の皆様、誠にありがとうございました。


初回 川島は足を生かし、内野安打で出塁

大畑は前進守備のセンターの頭上を破るタイムリー三塁打で先制

2回 川村は右中間を破る二塁打

4回 5番の田中は投手強襲のヒット

6回塩田はレフト線へ落とすヒット

9回、俵の当たりはレフト頭上を越え、あわやのフェンス直撃二塁打

先発の嶋田は味方の好守もあり6回を5安打に抑える好投を見せた。

7回裏に登板し、0点に抑えた佐藤

3番手の米持はピンチを迎えるも2回を0点、2三振の好投。

5回裏 2アウトランナー3塁のピンチ。センターの末政は難しいライナーを好捕

8回 ランナー2塁の場面。ライト前で3塁を狙うランナーを田中は好送球で刺した。

平日の火曜日にも関わらず、多くの方にご来場頂き、東京ガールズの皆さんにも華やかに応援をして頂きました。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.