ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 2014年度 全日本クラブ野球選手権大会 南関東大会 2回戦

試合結果results

2014年度 全日本クラブ野球選手権大会 南関東大会 2回戦


序盤試合の主導権を握るも、中盤の失点が響き、全国大会出場の夢が散る。

ゴールドジムは初回、相手のエラーなどで1.3塁の場面。大畑がきっちりとセンターへ犠牲フライを放ち一点を先制。さらに塩田のレフト前で1.2塁とし、田中の右前タイムリーで2点目。なおも1.3塁でこの日怪我から復帰し6番DHで出場の米倉のセカンドゴロの間にランナーが帰り早々と3点を追加します。
その裏、先発の米持は、突如制球を乱し連続四球に加え、自らのエラーもあり1点を失います。なおも満塁のピンチを迎えるもここはダブルプレーでしのぎます。

2回裏、先頭の仁田が四球で出塁すると相手の守備の乱れもあり、ツーアウト三塁と得点のチャンス。ここで大畑がショートへ放った打球を相手がエラー。その間に仁田がホームを踏み4点目。

中盤にかけてもゴールドジムが試合を優位に進めるかに見えました。

しかし6回、米持からバトンを受け3回から好投を見せていた岩田がつかまります。ピッチャーゴロを自らがエラーし先頭打者を出塁させると、次打者に三塁線へ二塁打を打たれ、連携ミスもあり2点を奪われます。なおもタイムリーを許し計3点を返され、同点とされます。

その裏、GGもツーアウトから仁田がエラーで出塁すると、村瀬もレフト前で続きます。ここで川島が初球を叩きライト前に抜ける当たり。仁田は二塁から一気に本塁を狙うも相手好返球に阻まれアウト。好機を逸しました。

同点で迎えた10回。岩田から代わった吉田は先頭打者にヒットを許し、ここで種市がマウンドに上がります。4番を三振。5番を迎え打撃妨害などで1.3塁のピンチ。6番を三振にきるも、7番に投じた2球目をレフト前に運ばれ逆転を許します。その裏、逆転に一縷の望みをかけ、ツーアウトから代打岡芹が四球で出塁するも後続が続かず、惜しくも敗退となりました。
連日40度近い炎天下のもと、選手達は全力を尽くしましたが、あと一歩及ばず敗退となりました。
当日応援にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。


先頭の川島はエラーで出塁。6回にもヒットで出塁

続く末政は送りバントで自らもセーフ。

塩田はアウトコースをレフト前に運ぶ。6回にもセンター前ヒット

田中はライト前に痛烈なタイムリーヒットを放つ

6番DHの米倉は怪我から復帰後の初ヒットが左中間二塁打。8回にもセンター前

炎天下の中、マスクを被る村瀬は6回にレフト前を放つ

先発の米持は連日の登板。

公式戦初登板の岩田。自らのエラーなどから6回に相手打線につかまった

吉田は3回をヒット2本に抑える好投を魅せた

最終回に登板した種市

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.