ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > プロ・アマ交流戦 対 読売ジャイアンツ 2軍

試合結果results

プロ・アマ交流戦  対 読売ジャイアンツ 2軍



0対0で迎えた3回、ゴールドジム先発の島田は、2アウトから9番北之園選手に投じた4球目を右翼席に運ばれるソロ本塁打を浴び、先制点を許します。

しかしその後は4回までヒット2本に抑える好投を見せます。

すると5回、GG打線が嶋田の好投に応えます。この回先頭の俵が相手のエラーから出塁すると、鹿子島がアウトコースのストレートを捉えレフト線へ痛烈な二塁打で得点機を演出。するとランナーを2人おき、7番の川村がレフト最深部へフェンス直撃のあわやホームランかというタイムリーツーベースで2点を返します。

島田は8回にも4番 加治前選手のタイムリーで1点を失いますが、結局7回と3分の2をヒット7本を許すものの、2点に抑える好投。

その後は8回途中から種市ー岡芹のバッテリーが0点に締め、結局2対2の同点で9回試合終了となり、前回に続き接戦となりました。

当日応援にお越しいただきました皆様、また、このような機会を頂きました関係者の皆様、誠にありがとうございました。



先発の嶋田は7回と3分の2を2失点と好投

先発でマスクを被った河西。

河西は相手のスチールに対して強肩で阻止した。

末政はその広い守備範囲で投手陣をバックアップした。

得点のきっかけを作った鹿子島のレフト線へのツーベース

川村が先制点となる左中間最深部へのフェンス直撃タイムリーツーベース。

三井もレフト前でチャンスメイク。

三井は6回にもアウトコースの変化球をレフト前に運びこの日2本目となるヒット。

川島は7回にレフト前で出塁。

大畑は8回に1,2塁間を破るクリーンヒット。

最後は種市が1回と3分の1を0点で締めた。

岡芹は怪我から1年4ヶ月振りの出場。高校の後輩 種市の登板にあわせてマスクを被った。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.