ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 2014年度 東京都クラブ秋季大会 準決勝 対 警視庁野球部

試合結果results

2014年度 東京都クラブ秋季大会 準決勝 対 警視庁野球部


序盤優位の試合展開も 8、9回の警視庁の猛攻に対し
流れを断ち切れず、よもやの敗退


ゴールドジムは初回、連続四球から満塁のチャンス。5番塩田がアウトコースのストレートを叩き、レフトの頭上を超える適時三塁打で2点を先取

4回にもヒットの川村、三井を2、3塁におき、川島がレフト前に2点適時打。

5回にも川村の犠牲フライで1点を追加。少ないヒットで効率的に点数を重ねます。

先輩嶋田は安定した投球で7回まで0点に抑えます。しかし、疲れの見える8回、先頭打者をヒットでだすと次打者に本塁打を浴びます。さらに連続ヒットからタイムリーを許し2点を与え、この回4点を失います。

すると9回、マウンドに立った種市は連続ヒットと四球などで満塁とすると、パスボールで1点を失い同点。さらに5番への4球目が一塁強襲のサヨナラヒットとなり、試合終了となりました。

当日、応援頂きました皆様ありがとうございました。


初回5番塩田がレフトの頭上を超える適時三塁打で2点を先取する

3回 末政はセンター前で、センターがハンブルする間に2塁を陥れる好走塁

4回先頭の川村は初球を叩き中前安打。5回にも犠飛で1打点

4回 三井はアウトコースの変化球をとらえ左前安打

4回 川島はランナーを2人おき、左前2点適時打

塩田は5回にも右前安打

7回 大畑は中前安打で出塁

8回に岡芹は右前に復帰後 初ヒット

嶋田は7回まで安定した投球を見せるも8回に突如崩れた

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.