ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 第40回全日本クラブ野球選手権大会 東京都予選 準決勝

試合結果results

第40回全日本クラブ野球選手権大会 東京都予選 準決勝 対 エスプライド鉄腕硬式野球部

ゴールドジム(GG)は2回、鹿児島が左中間へ三塁打で出塁すると、田中の一塁ゴロの間にホームを踏み先制。(G1-T0)
さらに4回、4番米倉がレフトへ打った瞬間それとわかる特大の本塁打、さらに連打、相手の失策から1点、三井の左前適時打で2点と計4点を奪います。(G5-T1)
先発の北見は4回に四球と適時打で一点を与えるも失点はこの1点のみ。7回と3分の0を散発5安打 1失点と公式戦初登板で好投を見せました。以降は星野が締め、投打が噛み合い、決勝戦へと駒を進めました。


2回 先制のきっかけを作った鹿子島の三塁打。

鹿子島は快速を飛ばし、一挙に三塁を陥れた

4回 打った瞬間それとわかる特大の本塁打を放つ米倉

この日4安打と好調の川島

村瀬も2安打を放ち好調ぶりをアピール

公式戦初登板が準決勝となった北見。好投で期待に応えた。

8、9回は星野が締める磐石の投手リレー。

4回 左前に2点適時打を放つ三井

走者一塁の場面、ショートの塩田は難しい打球をさばき二塁へ送球。併殺にしとめた。

三井はセンターへ抜けようかという当たりを、ダイビングキャッチ。すぐさま一塁へ送球するファインプレー

川島はレフト線ぞいの難しい打球をスライディングキャッチ

守備の要として、投手陣をリードする岡芹

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.