ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 第40回全日本クラブ野球選手権大会 東京都予選 決勝

試合結果results

第40回全日本クラブ野球選手権大会 東京都予選 決勝 対 TOKYO METS

先行のゴールドジムは初回
初回、先頭の一重が中前、川村が左前適時打で先制。2回にも、今野の二塁打、河西のライト線への適時打で1点追加。(G2-0T)
3回まで先発の鈴木は1失点と好投を見せます。しかし鈴木から交代した川俣は6回にランナーを2人だしたところで、吉田に交代するも2点を許します。(G2-3T)
8回にGGは途中出場の田中の左中間二塁打、同じく川島の中前適時打に敵失を絡め2点、さらに俵の右前適時打で1点と計3点を奪い逆転します。(G5-3T)
吉田は7、8回と好投を見せるも、9回に二連打をされたところで星野に交代。満塁の後、中前2点適時打を許し同点とされます。(G5-5T)
ここで大会規定によりタイブレーク。先頭の塩田が四球を選びまず1点、さらに田中の適時打で1点の計2点。最後は星野が締め4年ぶり、2回目の春季大会優勝となりました。
大会MVPと首位打者W受賞の川島は「チーム一人一人が互いをフォローしあい、まとまりが出てきた」。三連投となった星野投手兼コーチは「日頃から投手陣に口を酸っぱくして言っていることが実践できた。今回は投手陣を褒めてあげて下さい」と投手陣の頑張りを称えました。

初回 先頭打者の一重は中前安打で出塁

2回 右中間に二塁打を放つ今野

2回 先制となるライト線へ二塁打を放つ 河西

先発の鈴木は3回まで1失点と好投した

川俣の後を受けた吉田は9回に連打を浴びるも好投を魅せた

2番手の川俣は2点を失うも、2安打に抑えた

3連投となった星野。適時打を浴びるも、最後を締めた

8回逆転の口火となる左中間二塁打を放つ田中。タイブレークで左前適時打も放つ活躍

8回 代打で出場の川島は中前安打で期待に応える

8回 代打で登場の俵は右前適時打を放つ

勝利の瞬間ベンチから飛び出す選手達

MVP、首位打者 W受賞の川島

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.