ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 第40回全日本クラブ野球選手権大会 全国大会 1回戦

試合結果results

第40回全日本クラブ野球選手権大会 全国大会 1回戦 対 松山フェニックス

初出場となる全日本クラブ選手権本大会。選手のみならず応援団も一丸となって望みました。

初回、緊張感が漂う中、先発の嶋田は四球を2つ与えるも無失点で切り抜けます。その裏、先制点が欲しいゴールドジム(GG)ですが三者凡退に終わります。

2回、嶋田は四球でランナーをだすも、併殺で無失点で切り抜けます。するとその裏GGは、1アウトから塩田の右前安打、村瀬のバント安打に相手のエラーも絡み1、3塁。さらに三井が死球で満塁のチャンスとするも、続く村山、岡芹が倒れ先制点を奪えません。

すると3回表、1アウトから安打と四球で1、2塁とされると4番に初球、甘く入ったアウトコースのストレートをあわされ、右適時二塁打で2点を先制されます。その裏、先頭の田中が左越え二塁打で、続く川島が送り走者3塁とするも1本がでず無得点。

4回、投球にいつものリズムが見られない嶋田は三塁打、死球などで2点を失うと、投手は藤谷に交代。その藤谷も代わりばな、中越え三塁打に左前適時打で2点を失います。

5回にGGは村山の中前安打、岡芹の犠打、田中の犠飛で三塁まで走者を進めるも後続が倒れ無得点。

6回より投手は北見に交代。適時打と自らの悪送球などもあり3点を失う。その裏、塩田がこの日2本目となる安打を放つものの得点に結びつかない。

7回には代わった吉田、鈴木が続けて本塁打を浴び一方的な展開へ。その裏、代打の河西が右前安打を放つも、最後の打者も一塁ゴロで万事休す。初出場となる全日本選手権は、チーム、また選手個人にとっても様々な課題ができ、ある意味収穫のある試合となりました。

平日ながら応援にお越しいただきました皆様誠にありがとうございました。


平日にも関わらず、大応援団による応援が球場に響き渡りました。

塩田は2回に右前、6回にも中前安打し、一人2安打と気を吐いた。

村瀬の犠打が安打に。先取点の好機を作るも後続が倒れる。

田中は3回にレフトの頭上を越える二塁打

5回 村山は中前クリーンヒットを放つ。

出塁した村山を岡芹が犠打で進塁させる。

先発の嶋田は4安打ながらも5四球を与え、投球に本来のリズムが見られなかった。

2番手で登板した藤谷は代わりばな、連続安打を浴びる。

3番手で登板した北見。

4番手で登板した吉田は痛恨の被弾で2失点。

5番手で登板した鈴木も被弾。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.