ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 第41回全日本クラブ野球選手権大会 東京都予選

試合結果results

第41回全日本クラブ野球選手権大会 東京都予選 2回戦 対 西多摩倶楽部


初回、鹿子島の中越え適時三塁打、米倉の適時打で2点、2回にも川島の適時打、相手の守備の乱れから2点を追加します。その後 、安打はでるものの得点につながらない状況。すると、5回に、好投の島田が突如連続四球を与え、満塁とされたところで投手は星野が緊急登板。するとサードの失策から1点。なおも満塁で、次打者には走者一掃の右越え適時二塁打を浴び逆転。さらに、6回にも悪い流れは断ち切れず、先頭から連続死球を二つ与え、犠飛、適時打など浴び、この回3失点。

しかしGGは4点のビハインドで迎えた8回、1アウトから四球の岡芹を一塁におき、田中が左越えの二塁打で2.3塁とすると、川嶋の犠飛で1点。さらに相手守備の乱れから1点、そして米倉、代打村山の適時打で2点を加え同点とします。

迎えた9回、代打広沢がレフトへ痛烈な当たりの二塁打を放ち得点圏に走者をおくも得点に繋がらずタイブレークとなります。

10回、打線は良い当たりがでるも得点ならず。一方ウォーミングアップも無しで急遽の登板となった星野は7回以降は得点を与えず、この回も二者連続三振。すると11回、2アウトから塩田のサードへの当たりが内野安打となり、ついに1点を勝ち越します。その裏、先頭打者への2球目。深く守るセンター右後方への犠牲フライとなるかと思われた当たりを、センター鹿児島がストライク返球で刺殺。劇的な幕切れとなり、準決勝へと駒を進めました。


11回裏、先頭打者への2球目は深めに守るセンター右後方への犠牲フライ、になるかと思われたがセンター鹿子島のレーザービーム送球で刺殺。劇低な幕切れとなった。


逆転勝ちで準決勝へと駒を進めました。


4番の米倉は大事な場面で適時打を含め4安打2打点。頼れる4番は健在


鹿子島は打っても初回にセンターの頭上をライナーで超える三塁打で得点機を作る


8回、1点差の場面で代打の村山は、外よりの球をとらえセンターへ貴重な同点打を放つ


村山の同点打で2塁から本塁に帰還する米倉


岡芹は2回に左前安打


田中はこの日も二塁打二本とリードオフマンの役目を果たす


11回、塩田はサードへの内野安打が決勝打となる。塩田は初回にも安打


9回 代打の広沢はレフトへ痛烈な二塁打を放つ


先発嶋田は5回まで散発3安打の好投も突如5回に連続四球を降板となった


川島は2回に右前安打と2打点2安打


緊急登板の星野は適時二塁打失点を喫するも、回をおうごとにペースを上げ計9奪三振

ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.