ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > 第87回都市対抗野球大会 東京都一次予選

試合結果results

第87回都市対抗野球大会 東京都一次予選 対 エスプライド鉄腕硬式野球部


ゴールドジム先発は島田。初回、先頭打者に三塁打を許すと、その後も連続四球を与え、ショートゴロの間に先制を許します。

GGは2回、四球の村山、二塁打の塩田を2.3塁におき、今野が右前へ巧く運び同点とします。なおもこの後、満塁とするも得点に繋がらず。(G1-1T)

その裏、嶋田は単打と死球から適時打を許し追加点を奪われると、投手は星野に交代しこの回を切り抜けます。(G1-2T)

しかし星野も、4回に四球と単打から2.3塁とされると適時打を許し1点を許します。(G1-3T)

GGもその裏、今野、田中らの安打から満塁とするも。またも要所を締められ得点に繋がりません。

星野は、その後はバックの好守もあり好投を続けるも、7回に本塁打を浴び1点を追加されます。(G1-4T)

そして、迎えた9回。四球の三井、川島、鹿子島の連打で1アウト満塁とすると、米倉の犠牲フライで1点を返します。なおも2アウト2.3塁とし、ベンチは逆転打を期待し代打久慈をバッターボックスに送り出します。しかし、打球は一塁ゴロとなり、一塁へ気迫のヘッドスライディングも試合終了となりました。(G2-4T)

当日は応援にお越し頂いた皆様、誠にありがとうございました。


2回、塩田がレフトへ二塁打を放つ。8回にも安打


2回、今野の右前適時打で同点に追いつく。今野はこの後も安打を重ね、3安打


4回鹿子島は満塁で三振に倒れるも、その後に好守を魅せ、7回と9回に安打を放つ


3回途中から登板の星野は、本調子ではないものの最後まで投げ抜いた


9回、1アウトから川島はレフト前に運ぶ


9回、米倉の犠飛で1点を返すも後続を断たれる


最後の打者 久慈は、一塁ゴロで気迫のヘッドスライディングも試合終了となる


先発の嶋田は初回 先頭打者に三塁打を許すとその後も連続四球を与えるなどリズムを作れなった


ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.