ゴールドジム・ベースボール・クラブ
トップページ > 試合結果 > プロ・アマ交流戦 対 読売ジャイアンツ 3軍

試合結果results

プロ・アマ交流戦 対 読売ジャイアンツ 3軍


0対0で迎えた3回表、ゴールドジムの攻撃。岡芹、田中、川島の安打で満塁とすると、鹿子島が四球を選び、押し出しで1点を先制します。(G1-0Y)

GGの先発は左腕の北見。先制点を奪ったその裏、2アウトから打ち取っとたかと思われた3塁ゴロを、この日三塁の守備に入った村山が痛恨のトンネルで1点を返されます。(G1-1Y)

しかしGGは4回にも三井が安打で出塁すると、河西が手堅く犠打を決め、続く岡芹は左中間に鮮やかな適時打を放ち、追加点を奪います。(G2-1Y)

その後は先発の北見が6回まで散発の5安打に抑える好投を見せます。しかし疲れの見えた7回、先頭打者に左前安打を許すと、3番に適時二塁打を許し同点とされたところで投手は嶋田に交代。その嶋田は、かわりっぱなに連続して長単打を浴び、さらに味方の拙守もあり、4失点を喫します。その後は、代わった藤谷が締めます。(G2-6Y)

8回、川島、鹿子島の連打でチャンスを作ると、三井の安打で1点を返します。なおも満塁のチャンスとするも後続が倒れ、最終回も得点するにいたらず試合終了となりました。

先制し序盤優位に立ち、北見が好投を見せるも、味方の拙守などで失点を喫し、さらに打線も二度の満塁の好機に得点につなげられず課題の残る試合内容となりました。

当日は、暑い中遠いところまで応援にお越しいただき、誠にありがとうございました。



先発の北見は6回まで7安打を許すも要所を締め、6回1/3を2失点に抑える好投




得点の足がかりを作った岡芹は2安打、1打点




三井は2安打1打点と得点に絡む活躍を見せる




川島も2安打を放ち、チャンスメイクした




7回途中から登板し、好投を見せる藤谷




田中は3回に右前に運ぶ




8回に左前安打を放つ鹿子島









ページトップへ戻る
Copyright(C) ゴールドジム・ベースボール・クラブ All Rights Reserved.